不妊検査・治療

不妊症とは?

生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、性生活を行っているにもかかわらず妊娠に至らない場合に不妊症と診断します。「一定期間」については諸説ありますが、2年というのが一般的です。(女性は35歳を過ぎると一般的に妊娠率が下がってきますので、妊娠を希望される場合は早めに受診されることをお勧めします。)
全夫婦の約10%が不妊症であるといわれています。不妊の原因は単一ではなく複数の因子が関係していることが多いため、系統的な検査を行い原因を見つけ出すことが大切です。

不妊検査・治療

基礎体温

起床時、起き上がらないうちに婦人体温計を舌下に入れて測定します。
排卵がある方は二相性(低温期・高温期)の基礎体温表になります。低温期(卵胞期)は月経がおきて排卵に向かう時期を表します。高温期(黄体期)は、黄体ホルモン(基礎体温を上昇させるホルモン)が分泌される時期を表します。このホルモンは子宮内膜を着床しやすい状態に変化させ、妊娠を維持し流産を防ぐ働きがあります。基礎体温はグラフにすることで、その変動を確認することが出来ます。
診察時は基礎体温を表記録し忘れずに持参してください。

超音波検査

専用の細長い超音波プローベを膣の中へ挿入し、子宮や卵巣の状態を観察します。

ホルモン採血

①月経開始3~7日目に採血をします。月経周期で女性のホルモン値は大きく変動します。
そこでまだ変動をしていないこの時期に基礎値の確認をします。

②黄体期(高温期)中期には女性ホルモンのエストラジオール(E₂)・プロゲステロンの採血をします。
これは黄体機能不全の有無を調べる検査になります。

クラミジア抗原検査・抗体検査

クラミジア抗原検査は、綿棒で子宮頚管を軽く擦過して行う検査です。この感染症は無症状で子宮頚管炎を
おこし、そこから上行して卵管炎をおこし卵管の閉塞・狭窄の原因となります。
クラミジア抗体検査は血液検査で過去にこの感染症にかかったことがあるかないかの確認をする検査です。

卵管疎通性検査

この検査には、卵管通気法・子宮卵管造影・超音波下卵管通水法(以下、通水検査)の3つがあります。
当院では通水検査のみ行っています。実施可能な時期は月経開始7~10日前後です。

性交後検査(ヒューナーテスト)

排卵日近くにご主人と関係をもっていただき、翌日(あるいは当日)に診察をし、頚管粘液(排卵日頃におりものとして感じられる卵の白身のようなもの)中の運動精子を確認する検査です。

精液検査

精子濃度・精子運動率・正常形態率を調べる検査です。事前に検査容器をお渡しします。

産後のお悩み(尿漏れ・尿失禁)

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁とは、女性の尿漏れ・尿失禁の中で最も多い症状です。せきやくしゃみをしたとき、笑ったとき、重い荷物をもったり走ったりしたときなど、お腹に力が入りそれが契機となりに尿失禁してしまう状態をいいます。
腹圧性尿失禁の9割が出産経験者だといわれています。出産の際に骨盤底筋という骨盤底を支える筋肉が引き伸ばされたり傷ついたりすることで筋力が落ちてしまい、尿道を締める力が弱くなったことが原因です。
日常生活において腹圧がかかるシーンはたくさんあるので、ちょっとした際に尿失禁してしまうこともあります。対策としては、骨盤底筋群を鍛えるセルフトレーニングが中心となります。骨盤周りの筋肉を鍛えることで尿道を締める筋肉が強くなり、腹圧がかかっても尿失禁しなくなります。

切迫性尿失禁

切迫性失禁とは、意図せず突然強い尿意に襲われてしまい、急いでトイレに行くが間に合わずに漏らしてしまう症状をいいます。切迫性というその名の通り、トイレのドアまで駆けつけたにも関わらず漏らしてしまう「ドアノブ尿失禁」や、トイレの流水音を聞いたときに急激に尿意を感じる「手洗い尿失禁」などがあります。
いずれも、急激に尿意を感じ、排尿まで間に合わずに漏らしてしまう点が特徴です。

過活動膀胱

産後の症状とは直接関係ありませんが、頻尿の症状の一つとして過活動膀胱という症状があげられます。これは、排尿の量に関わらずがまんしがたい尿意が頻繁にある状態をいいます。
膀胱の過敏性が高まっているために、ほんの少し尿が溜まっただけでも尿意を感じてしまう状態です。1日に10回以上トイレに行くこともすくなくありません。また尿失禁や尿漏れを伴うこともあります。尿の回数としては1日8回以上、かつ、尿意切迫感が週1回以上あることが、過活動膀胱の一つの基準であるといわれています。
過活動膀胱の治療としては、セルフトレーニングを中心に症状に応じ投薬なども行うことになります。実際にたまっている尿量はすくないので、いかに本人が気にならなくなるかが問題となります。

当院で行っているのは不妊の一般検査・タイミング療法のみです。
人工授精(AIH)や体外受精(ART)などへステップアップを希望される場合は専門の医療機関へご紹介しますので、遠慮なく申し出てください。

  • 心とからだの健康講座 青空レディースクリニック 監修心とからだの健康講座 青空レディースクリニック 監修
  • Doctors File ドクターズファイルDoctors File ドクターズファイル
  • 青空治療院青空治療院

ご予約・ご相談はお気軽に

    • お気軽にお問い合わせ下さい 042-649-8305
    • bottom_tel_sp.png
    • 24時間受け付けております WEB予約はコチラ24時間受け付けております WEB予約はコチラ
  • 八王子市 子宮頸がん検診のご予約はコチラ八王子市 子宮頸がん検診のご予約はコチラ
  • スタッフ募集中 詳細はコチラスタッフ募集中 詳細はコチラ